code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jQuery 1.7.1とjQuery 1.8

jQuery 1.7.1がリリース。本ブログ内のjQuery 1.7についての記事はこちら

アニメーションで%指定の場合にうまく動いていなかった等、細かい修正が主な内容。

Google CDNjquery.js

jQuery CDNjquery.js

jQuery 1.8に向けて

jQuery 1.8.0 リリース

jQuery BLOGでは1.8に向けて意見を募集している。

jQuery UIのようにコードを分割して、必要なものだけをダウンロードできるようにするconfiguration builderの案や、巨大化したコードをスリム化して欲しい意見が多いようだ。1.8では互換性を重視し、2.0の段階ではグッと変更してきそうな書きぶりである。

ブログの記事を少しだけ抽出:

  • jQuery.browserの削除(プラグインへ移動)

    Modernizrのような本格的なブラウザチェッカーが出てきているので、ブラウザ判定はそちらに譲る考えを示している。
    * ModernizrはHTML5/CSS3の各特徴・機能について、現在表示しているブラウザで利用可能かを判定するライブラリ。
  • Remove IE 6, 7, and/or 8 support

    一瞬IE8までのサポートを止めるのか!?と思わせるが、そうではなく。

    IE6からIE8は問題児だけど、シェアを持ってるから仕方ないよね。でも、IE系が不要なユーザーもいるわけだから(例えばスマートフォン向けサイトなど)、カスタマイズしやすいように(IE系に依存した処理の部分を削除しやすく等)するかもしれないよ、でもきっとあんまり効果無いよ。ってことである。

    ちなみにIE6を使うWindows XPは2014年4月まで。IE7のVistaは個人向けは2012年4月までだが、ビジネス向けは2017年4月までなので、Webサイト開発者はガックリ(´・ω・`)である・・・

JavaScriptについて最近の記事を俯瞰してる感じだとモジュール化を求める声が多く、またその方向に向かって進んでいる気がする。1.7でのAMDのサポートもそうだし、jQuery 2.0ではスリム化への期待もそれを感じさせる。これからのjQueryはブラウザ互換性維持とTraversing、Manipulationに特化していくのかも知れない。

Backbone.jsのようなフレームワークやnode.jsのような拡張APIが開発され、言語としての懐も広がってきているのでJavaScriptを中心とした開発は今後もより深みを増し複雑化していくだろう。それだけの地位を得てきたということであるが、Javaと同じようにmavenやivyのような依存性を管理するツールがないと管理しきれなくなるだろうなぁ、というのが漠然とした不安。

誰か開発してくれないかな。きっとApacheかGoogleかEclipseが管理ツール&コンパイラ(minifier/compressor)を開発するんだろうな。もうあるのかな?

スリム化については、どこかの記事でjQueryの$.eachいらないんじゃね?というのものあったが、これはisNumericと一緒で内部で使わざるを得ない関数を公開しているのであってBackbone.jsのようにunderscore.jsに依存するような存在にはなって欲しくないなというのが個人的な意見。

理由はスリム化の結果逆に複雑になりそうだから。依存するライブラリが増えることはつまり使わない機能がついてくることであり、余計なお作法が付いてきて逆に効率が下がってしまわないかが心配になる。Javaではそんなフレームワークがあって、使うのをやめたことがある。

でも、スリム化されたらunderscore.js必須になるかも、車輪の再発明はしたくないだろうし。

Getting Board of jQueryより引用:

関連記事
タグ:jQuery CDN html5 css3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。