code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Notice: Amazon EC2 Instance scheduled for retirement

Amazonから突然やってきたメール。

Hello,

One or more of your Amazon EC2 instances in the ap-northeast-1 region is scheduled for retirement. The following instance(s) will be shut down after 12:00 AM GMT on 2012-04-14.

 Instance
------------

 うちのインスタンスID(instance-id)

We recommend that you launch a replacement for each retiring instance and begin migrating to it. You can do this by stopping and re-starting your instance, or by terminating it and launching a new one in its place.

For more information about scheduled retirement events, please see Monitoring Scheduled Events in the EC2 user guide: http://docs.amazonwebservices.com/AWSEC2/latest/UserGuide/monitoring-instances-status-check_sched.html

If your instance's root device is an EBS volume, the instance will be stopped after the retirement date, and you can start it again at any time. You can prevent retirement for this instance by issuing a stop and start from the AWS Management Console. Doing so will migrate your instance to new hardware and help reduce unforseen downtime. For more information about how to stop and start your instance please see Stopping and Starting Instances in the EC2 user guide: http://docs.amazonwebservices.com/AWSEC2/latest/UserGuide/starting-stopping-instances.html

If your instance's root device is an instance store, it will be terminated after the retirement date. We recommend that you launch a replacement instance from your most recent AMI and migrate all necessary data to the replacement instance before this time.

Should you have any additional questions, we offer AWS Basic Support via our Community Forums for free, or Premium Support for one-on-one assistance direct from an AWS Developer Support Engineer at http://aws.amazon.com/support.

Sincerely,

The Amazon EC2 Team

Reference: メッセージIDみたいな長い文字列

ようは使っているインスタンスの物理的なハードウェアあたりで障害があって、取り替えなきゃいけない状況になったからなんとか対応してね。ということらしい。

だいぶはしょって訳すと、

インスタンスのひとつがリタイアのためにスケジュールされた。2012-04-14 12:00 AM GMT以降(14日昼12時のことかな; GMTなので日本時間で言うと21時)以降にシャットダウンされる。

代わりのインスタンスを立ち上げて移行することを勧める。代わりのインスタンスを立ち上げるのは、stopしてリスタートするか(stopしてstartし直すとinstanceは違うホストで起動される)、terminateして同じ場所に新しいインスタンスを立ち上げること。

スケジュールされたリタイアのイベントに関する詳細は、http://docs.amazonwebservices.com/AWSEC2/latest/UserGuide/monitoring-instances-status-check_sched.html。

ルートデバイスがEBSボリュームだったらリタイア日にインスタンスはstopされるので、いつでもstartすればよい。AWS Management Consoleからstop → startを行えばリタイアされるのを防げる。インスタンスは新しいハードウェアに移行され、予期しないダウンタイムも減るだろう。停止と開始についての詳細はhttp://docs.amazonwebservices.com/AWSEC2/latest/UserGuide/starting-stopping-instances.html

ルートデバイスがインスタンスストアだったら、リタイア日以降にインスタンスはterminateされる。最も最近のAMIをから代わりのインスタンスを起動し、全ての必要なデータをリタイア日前までに移行しておくことをお勧めする。

質問があれば無料のフォーラムかプレミアムサポートで。http://aws.amazon.com/support

AWSのドキュメントによると、

Scheduled Retirement: When Amazon EC2 determines that an instance must be shut down, the instance’s status will return an event code called instance-retirement. Retirement commonly occurs when the underlying host is degraded and must be replaced. Retirement events include a scheduled start and end time. You will also be notified by email if one of your instances is set to retiring. The email message indicates when your instance will be permanently retired. 
スケジュールされたリタイア: Amazon EC2がインスタンスをシャットダウンしなければいけないと決定した時、そのインスタンスのステータスはinstance-retirementと呼ばれるコードになる。リタイアは一般的にはその下層ホストの性能が低下し交換しなければいけない時に発生する。リタイアイベントは開始日時と終了日時を含んでいる。インスタンスのうちひとつでもリタイアになったらメールで通知を受け取るだろう。メールではいつそのインスタンスが恒久的にリタイア(使用不能)になるかも含んでいる。

もうひとつ(メールにあったURLの方)。

Instance retirement: AWS may schedule instances for retirement in cases where there is an unrecoverable issue with the hardware on an underlying host. You will also be notified by email if one of your instances is set to retiring. The email message indicates when your instance will be permanently retired.
インスタンスのリタイア: AWSは下層ホストにおいてハードウェアに関する復旧不能の問題が発生した際にリタイアをスケジュールすることがある。リタイアされるインスタンスがある場合はメールで通知を受け取るだろう。メールではそのインスタンスがいつ恒久的にリタイアするかを示している。

たぶんこっちが最新の情報っぽい。そのページの後半に詳細な手順が書かれている。

ルートデバイスがEBSなので、StopしてStartすれば自動的に別のハードウェア上で動作するようになる。なので、さくっと行おうとした。が、今回はそううまくいかなかったのでダイジェストで行った手順を列挙。

  • AWS Management Consoleに行く
  • EC2選んでリージョン選んでInstances
  • 問題のインスタンスを選択して、右クリックまたはInstance Actionsから"Stop"を選ぶ
  • しばし待つ・・・・・が停止しない!!。フォーラム見てみると停止しない人結構多いみたい。Amazon EC2 Micro Instanceが止まった場合の対処という記事を発見、これに従う。この記事を書いている間もstopping(1週間後に再度確認したらstoppedになってた)
  • Snapshotsを選んでCreate Snapshot。問題のインスタンスのVolumeを選択して適当に名前をつけて作成する
  • スナップショットをとってる間に別のインスタンスを作成する
  • Instancesを選び、Launch Instanceをクリック。Security Groupを同じ物にしたかったのでClassic Wizardでインスタンスを作成
  • 作成したインスタンスがrunningになったらStopする
  • Snapshotsに行き、Snapshotの作成が終わるのを待つ
  • Snapshotが完成したら、選択してCreate Volume
  • Volumesに行って新しく作成したインスタンスのVolumeをDetach。Snapshotから作成したVolumeをAttach
  • Instancesに移動して新しく作成したインスタンスをStart
  • Elastic IPsにいって、stoppingなインスタンスに紐付いているアドレスを選択してDisassociate Addressして、新しいインスタンスにAssociate Addressし直す

stopping中なインスタンスは課金されないらしいので、リタイア日まで放置する予定。ただ、stoppingなインスタンスに紐付いたEBSはコピーを作ったから課金が倍になるんだろうなぁ・・・。

とっととプレミアムサポート契約しなくちゃ。

関連記事
タグ:EC2 AWS Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。