code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 8をインストール

Let's Note CF-J10GEDDPのWindows 7をWindows 8にアップグレードした。

アップグレードインストールだからサクッと終わるだろうと思っていたがやはりマイクロソフト。1人日くらい使ってしまった。iOSのアップグレードのようにはいかないね。

環境など

  • Let's Note CF-J10GEDDP
  • アップグレードプログラム(?)によるオンラインアップグレード。3,300円。5千円ちょいのMicrosoft Windows 8 Pro 発売記念優待版でも一緒かな?買ってあるけどまだこちらは試してない
  • Windows 7 Proからのアップグレード

アップグレード手順

小さいSSDに換装していたため、Cドライブに20GBが必要と言われいきなり躓く(残5GB)。EaseUS Partition Masterでリカバリー領域を削除したりしてなんとか確保。

アップグレードする時に、あれこれ削除しろと言われるので指示に従う。とりあえずiTunesのコンピュータ認証の解除だけ(これもアップグレード時に言われるので)行う。

あとは、パナソニックが公開しているサポート情報に従って行えばWindows 8の起動まで無事完了。

逆にこの手順に従わないとIntel(R) Dynamic Power Performance Managementをアンインストールして下さいのループに陥る。パナソニックが提供するドライバで更新してからアップグレードする。

その他メモ

Windows 8標準でPDFが読めるようになっている。

Windowsフォトビューアーで画像が読めなかったり、ペイントで画像が保存できなかったが、Windows 8のせいではなく、アップグレード後にTEMP環境変数のディレクトリがなくなっていたからだった。RAMDiskを使っており、アップグレードで解除されていたため。再登録することで復活。

登録してあるアクセスポイントの一覧がなくなった?見当たらない・・・

ATOKが完全には使えない

スタートメニューがなくなったので、タスクバーに登録してあるアプリケーション以外の起動が面倒になった。画面の左下にカーソルを移動させてクリックすると上記画像のスタートスクリーンが出るので、そこでキーボードから起動したいアプリを入力する、ってのが手早いかなー。キーボードだけなら、Win+Qでスタートスクリーンになるのでそこから検索。

Win + Q
アプリケーション検索
Win + W
設定検索
Win + F
ファイル検索
Win + I
設定
Win + L
スクリーンロック
CTRL + ESC
スタートスクリーン表示
Win + X
プログラムショートカット?左下にカーソル移動して右クリックするのと同じ
Win + C
スワイプしたときに出る右側のバー(?)右上にカーソル移動したときに出てくるものと同じ
Win + space
日本語入力切替。ATOKがメトロで使えない間は覚えておかないと
Win + D
デスクトップ表示。戻らない。右下クリックと同じ
Win + M
すべて最小化
Win + ,
デスクトップ表示。キーボードから指を離すと戻る。右下をマウスオーバーしたときと同じ
Win + .
開いているウィンドウを右に寄せたり左に寄せたり
Win + ;
拡大鏡
Win + K
デバイス
Win + H
共有
Win + E
エクスプローラー
Win + R
ファイル名を指定して実行
Win + B
未調査。フォーカスがはずれるので何かありそう
Win + T
未調査。フォーカスがはずれるので何かありそう
Win + U
コンピューターの簡単操作センター。いきなり音が鳴るので注意。
Win + P
セカンドスクリーン
Win + 数字
タスクバーに登録されているアプリケーションを起動したりフォーカスあてたり

スタートスクリーンのカスタマイズはスマートフォンのアイコン移動と似ていてドラッグ&ドロップで移動。

ライブラリを無効化しようとしたけど、レジストリに書き込めないというエラーが出た。管理者として実行してもダメ。なんだか所有権の変更をしないといけないみたい。これってWindows 8からの話?参考

Fn + F4でミュートを切り替えると、音が出なくなった。Hotkey Appendixをアンインストール後、Windows 7用のHotkey Appendixを再インストールでとりあえず直った。

スタートスクリーンに登録したアプリケーションのアイコンをクリックすると、すでにそのアプリケーションが起動している場合はそのウィンドウにフォーカスがあたるだけとなる。以前のスタートメニューのように常に新しいアプリケーションのプロセスを起動するにはシフトキーを押しながらクリックする。めんどい・・・。

なれるまではもう少し時間がかかりそうだなー・・・

スマートフォンのインタフェースや操作性が随所に見られる。タッチパネルがないので体感はできないが、マウス+キーボードのネットブックでは正直使いにくくVistaの時のような中途半端さ(発展途上な雰囲気)を感じる・・・。ライセンスは2本買ったんだけど、もう片方(デスクトップPC)はWindows 7のままでいいかなぁ。

Metro UIのIE10がインターネットに接続できない

アップグレード後、スタートスクリーンにあるInternet Explorerを起動したところどのページも「このページは表示できません」となってしまった。デスクトップ版IE10問題なく閲覧できている。検索してもプライベートネットワークやループバックアドレスは閲覧できない、という内容ばかりで全体的に使えないというものの解決案はなかった。(拡張ではないセキュリティタブにある)保護モードを有効にする、のチェックをオフにするとつながるようになるのだが、危険だ。危険だと何度も言われるので、この直し方は間違いのようだ。

結局サービスにある「DNS Client」が無効になってたのでこれを自動に戻したところ、直った。分かりにくい問題だった・・・。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。