code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle Fire HD (7.2.3) 日本語版 root化 w/ Windows 8 64bit

届いたKindle Fire HD 16GBを早速root化した。というのはAndroid Maps APIを使っているアプリをインストールしたいため。

細かいことは色んなサイトでまとまっているのでWindows 8 64bit + 日本語版Kindleでできた方法だけをダイジェストでまとめ。また、当方初Androidでございますため、寄せ集めの情報で試行錯誤している点ご了承下さい。

  1. Kindle Fire USB Driverのインストール → 参考
    Amazonから署名付きのドライバが提供されているのでそれを利用した → 直リンク (SDK Managerが最終的にダウンロードするもの。2012/12/23現在)
  2. Kindle側でadbを有効にする → ホーム>その他>セキュリティ>ADBを有効にする>オン
  3. root化!Root_with_Restore_by_Bin4ry_v18を使用した → 参考
  4. 完了。アプリの一覧に「SuperSU」が出ていれば成功。iPhoneのCydiaみたいなもんかと思いきやrootのオン、オフができるだけのアプリみたい。Pro版買うとどうなるんだろ

その他、root化がうまくいかない場合は次の事を試すといいかも。

  • USBのケーブルを変えてみる。今回は純正もので成功した
  • USBのケーブル抜き差ししてみる
  • PCを再起動してみる
  • ドライバを完全に削除してもう一度インストールする。以前のドライバが残っていたり、自動で異なるドライバが入っていた場合は特に

ちなみに私は英語版は所持していないため不確かな情報だが、私の日本語版KindleのUSBデバイスはVID=1949, PID=0007であった。Google USB Driverを書き換える方法をいくつか見かけたがVID=1949, PID=0006と案内していたものがあった。恐らく以前のモデルのものかと思われる。

特に* daemon started successfully *Waiting for device to shop up, if nothing happens please check if Windows ADB-dr ivers are installed correctly!で止まったままになってしまう場合は、ドライバが正しくインストールされていない可能性が高い。adbコマンドが使える人であれば、adb devicesでKindle端末がリストされるかを確認しよう。

追加でインストールしたもの

Vending.apkのインストールについてはこのあたりを参考にしたけど、ひとつうまくいかなかったことがあった。644で/system/appにコピーとあるけど、コピーしてから644に変更する必要あり。

これで会社で開発しているAndroid Maps API (Google APIs)を利用しているアプリがインストール、起動できた。

ただ、Google Playでは該当アプリは検索結果に出てこないので直接apkからインストール。

maps.jarの入手

Android SDKに入っているadbを使ってKindleのAPIバージョンを調べた。

adb shell
$ getprop
...
[ro.build.version.sdk]: [15]
...

ということでAPIは15(4.0.3)のようだ。

次にEclipse上からAndroid Virtual Device Managerを起動して、APIが15のGoogle APIsにしてARMのCPUを選んだAVDを作成。

adbからmaps.jarを入手。

adb pull /system/framework/com.google.android.maps.jar

ローカルに保存されたmaps.jarをKindleに保存、ES File Explorer経由で/system/frameworkにコピー。com.google.android.maps.jarのパーミッションを644に。com.google.android.maps.xmlも同じように↑の記事を参考に配置。

再起動 → (自作Mapsアプリが)動いた!。現在地が岡山県(東京にいるのに)になるのが不思議だ・・・。

Google Maps 6.14.2のインストール

ここからダウンロード&インストール。このアプリでも現在地が岡山なんだけど・・・WiFi精度悪すぎ!?

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。