code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMPGEnc Video Mastering Works 5 - iPhone4用出力テンプレート

普段使っているiPhone4向けのTMPGEnc Video Mastering Works 5用出力テンプレートを公開。

ダウンロードリンクは記事の一番下。

iPhone, iPadの技術仕様

新しい製品が発売される度にだんだんと許容できる動画の範囲が広がっている。

個人用なら自分のデバイスに合ったモノでエンコードすればいいのだけど、仕事でも動画変換しているので各デバイスの仕様書については時折参照しなくてはいけない。

この中の『対応するビデオフォーマット』というところに、動画の仕様(制限)が書いてあるのだけど、改行がまったくなくていつも読みにくい T_T

ということで引用&改行:

iPad (第三世代)

対応するビデオフォーマット:
H.264ビデオ:最大1080p、毎秒30フレーム、
    ハイプロファイルレベル4.1
    (最大160 kbpsのAAC-LC、48kHz、ステレオオーディオ)、
    ファイルフォーマット.m4v、.mp4、.mov;
MPEG-4ビデオ:最大2.5 Mbps、640 x 480ピクセル、毎秒30フレーム、
    シンプルプロファイル
    (1チャネルあたり最大160 KbpsのAAC-LC、48kHz、ステレオオーディオ)、
    ファイルフォーマット.m4v、.mp4、.mov;
Motion JPEG(M-JPEG):最大35 Mbps、1,280 x 720ピクセル、毎秒30フレーム、
    ulawオーディオ、.aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオ

翻訳すると:

1080p → 1920x1080の最大解像度
ハイプロファイルレベル4.1 → 最大ビットレート 62,500 kbits/sec

Retinaディスプレイ、2,048 x 1,536ピクセルの解像度になっても動画についてはiPhoen 4Sと同じみたい。1080pで62,500 kbpsのまま。

iPhone 4S

対応するビデオフォーマット:
H.264ビデオ:最高1080p、毎秒30フレーム、
    ハイプロファイルレベル4.1
    (最高160 kbpsのAAC-LC、48kHz、ステレオオーディオ)、
    ファイルフォーマット.m4v、.mp4、.mov ;
MPEG-4ビデオ:最高2.5 Mbps、640 x 480ピクセル、毎秒30フレーム、
    シンプルプロファイル
    (チャンネルあたり最高160 KbpsのAAC-LC、48kHz、ステレオオーディオ)、
    ファイルフォーマット.m4v、.mp4、.mov ;
Motion JPEG(M-JPEG):最高35 Mbps、1,280 x 720ピクセル、毎秒30フレーム、
    ulawオーディオ、.aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオ

翻訳すると:

1080p → 1920x1080の最大解像度
ハイプロファイルレベル4.1 → 最大ビットレート 62,500 kbits/sec

iPhone 4

対応するビデオフォーマット -
H.264ビデオ:最高720p、毎秒30フレーム、
    メインプロファイルレベル3.1(最高160 kbpsのAAC-LC)、48kHz、
    .m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ ;
MPEG-4ビデオ:最高2.5 Mbps、640 x 480ピクセル、毎秒30フレーム、
    シンプルプロファイル(最高160 KbpsのAAC-LC)、48kHz、
    .m4v、.mp4、.movファイルフォーマットのステレオオーディオ ;
Motion JPEG (M-JPEG):最高35 Mbps、1,280 x 720ピクセル、毎秒30フレーム、
    ulawオーディオ、.aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオ
720p → 1280x720
メインプロファイルレベル3.1 → 最大ビットレート 14,000 kbits/sec

TMPGEnc設定

記事の一番下から私が普段使用しているiPhone4(iPhone 4S/iPad(第三世代)向けではない、もっと高画質狙える)向けのTMPGEnc 5の出力設定で使用する出力フォーマットのテンプレートをダウンロードできるようにしてある。

低ビットレートだけど画質優先なのでエンコは超遅い。HD画質の2時間アニメのエンコードに8時間かかったり(^^;。気になる方はパフォーマンスが『やや遅い』になっているのを『標準』より上に変えて下さい。

共通の設定
  • コンテナ: mp4
  • 動画: h264, VBR(可変ビットレート) 最大
  • アスペクト比 16:9 (クロップや拡大/縮小の設定は事前にフィルタで行う前提)
  • 音声: AAC-LC, 160kbps
  • iPhone, iPad向けのチャプター出力あり
24fps_720x480_16x9.tvmw5e → 30分アニメで200MBくらい
  • 23.976fps + VBR平均ビットレート: 750kbps + 720x480 16:9 で出力
  • ソースがSD等(DVDからのエンコとか)のアニメで使用。
24fps_1280x720_16x9.tvmw5e → 30分アニメで400MBくらい
  • 23.976fps + VBR平均ビットレート: 2,000kbps + 1280x720 16:9 で出力
  • ソースがHD等(地デジとかBlu-rayとか)のアニメで使用。
30fps_720x480_16x9.tvmw5e → 45分海外ドラマで300MBくらい
  • 29.97fps + VBR平均ビットレート: 750kbps + 720x480 16:9 で出力
  • ソースがSD画質のアニメ以外で使用。海外ドラマとか。
30fps_1280x720_16x9.tvmw5e → 45分海外ドラマで700MBくらい
  • 29.97fps + VBR平均ビットレート: 2,000kbps + 1280x720 16:9 で出力
  • ソースがHD画質のアニメ以外で使用。海外ドラマとか。

ビットレートの設定は私がギリギリ変化に気づく範囲で設定。あまり高すぎてもファイルサイズが大きくなるだけでなくパソコンの再生がカクカクしだすので、ほどほどな値。iPhone 4Sまたは新型iPadであれば、公称62,500kbpsまでいけるみたいだが、iPhone4SもiPad3も持ってないので限界値は試していない。iPhone 5とiPadの第四世代は恐らく買うのでその時に追試しようと思う。ただ、手元にあるBlu-rayでも35,000kbps前後、PTで貯めてるtsファイルもフルHDで24,000kbpsなので62,500kbpsに納める映像ソースなんて当分出会わない気もする。

フレームレートの24/30fpsは、なんとなくオリジナルに近づくかな程度。24だろうが30だろうが体感的には違いは感じない。

適当に変更してご使用下さい。

ブログの仕様上、拡張子が制限されているためmp3でアップロードしている。名前をつけて保存等でダウンロード後、ファイルの拡張子を.zipに変更して解凍です。

iPhone4用出力テンプレート

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。