code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CCleanerのちょっとした問題

レジストリやキャッシュの削除・クリーニングツール『CCleaner』にて、最近追加された機能でちょっと気をつけなければいけないことがあったので忘れないようにメモ。

フォントキャッシュの削除

3.10でフォントキャッシュを削除する機能が追加された。

何でも不要そうなものは削除したいので使ってみたが、ひとつ問題が発生。Windows 7 Professional 64bitでデフォルトのフォントをメイリオにしているのだが、フォントキャッシュを削除した後再起動したら、MSゴシックに戻ってしまった。具体的にはログオンのフォントやスタートメニュー、タスクバーや時計のフォントが全てMSゴシックになる。数分待つとメイリオが適用されていくのだが、元々のMSゴシックのサイズのボックスに最適化された文字がメイリオになるため、文字が欠けまくってしまう。これはハズレな機能だ。

もう一度再起動すれば、文字の欠けは改善する。

PATH環境変数の削除

3.12でPATH環境変数(の中にある無効なパス)を削除する機能が追加された。

この機能、システムのPATH環境変数にある無効なパスは削除してくれるが、ユーザー環境変数の方は削除してくれない。ちょっと中途半端である。

関連記事
タグ:Windows CCleaner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。