code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsエラーとJava VM 1.3

Windows 7 Professional (64bit)上のXP Modeでの話。前回からの続きかも

Java Runtime Environment 1.3.1_20をコントロールパネルからアンインストールしようとしたのだが、

アンインストール中にエラーが発生しました。

エラーを特定できません

と出てうまくいかない。

と同時に、XP Modeの仮想マシンを起動しようとすると『統合機能は無効となっています』と出るようになった。

そして起動後にはWindows XP内で『ログまたは代替コピーを使用して、レジストリ データベース内のファイルの 1 つを回復しなければなりませんでした。ファイルは正しく回復されました。』と出る。

何かが壊れてしまったようだ。とりあえずJRE 1.3.1をまずは削除したいのだが、コントロールパネルからは無理な状態。

もう一度上書きインストールしてからアンインストールすればうまくいくかな、と思いJRE 1.3を再びインストール。すると、

インストールサポートファイル '...\_isRes.dll'を削除出来ませんでした。

エラーを特定できません

もう何が何だか、、、、T_T

JDKの1.1から7 + Microsoft JVMまで導入した仮想マシンなので何かが古いか、レジストリか仮想ディスクが壊れた模様。

XP Modeを再構築しても良かったのだが、少し粘ってみることに。

イベントビューアーを見ると気になるのは警告の『disk; ページング操作中にデバイス \Device\Harddisk0\D 上でエラーが検出されました。』あとは『SystemError; エラー コード 1000008e、パラメータ1 c0000005、パラメータ2 80630b7b, パラメータ3 f810699c、パラメータ4 00000000.』という内容。

このあたりをヒントに捜索開始。

まずはJREの方を何とかしよう

なんとなく複合的な症状のような気がするのでまずはJREをなんとかしようと調べてみる。

JREのアンインストールが正しく行われてない可能性を疑い、

  • 関連するファイル・フォルダを全部削除 (
    • C:\Program File\JavaSoft以下
    • C:\Windows\system32以下にあるJRE関連ファイル(deployJava1.dll, npdeployJava1.dll, java.exe, javaw.exe)
    • C:\WINDOWS\Downloaded Program Files内のJRE関連
    • C:\Program Files\InstallShield Installation Information\{68249B7B-B714-11D7-88E8-0050DA21757E} (JRE1.3の製品コード)
    ) した上でCCleanerして再インストール → 変化なし
  • JavaRa(ダウンロードはこのあたり)というJREクリーナーを使用して再インストール → 変化なし
  • 環境変数TMP, TEMPを変更して再インストール → 変化なし
  • MicrosoftのFix it → 変化なし
  • 簡易共有をオフにしてセキュリティタブからアクセス権を再設定 → 変化なし
  • C:\Program Files\Common Files\InstallShieldフォルダを削除して再インストール → エラーなく再インストールとアンインストールができた

削除したInstallShieldフォルダと再インストール後のInstallShieldフォルダを比較したところ、corecomp.ini(Engine\6\Intel 32フォルダ内)が古い方は0バイトだった、逆にそれ以外に違いはなかった。CHKDSKとかで勝手にtruncateされちゃったのかなー。

で、Windowsエラーは

CHKDSK C: /FとCCleanerでいつの間にか出なくなっていた。CHKDSKのログ(イベントビューアー→アプリケーション→Winlogon)を見ると修復した形跡があるので、それで直ったようである。

なお、NTREGOPTというツールを使おうとしたが2/11の部分でフリーズしてしまい、10時間以上待っても復帰しないので利用は中止した。

と、ここまで分かったので

結局XP Modeを再作成。

  1. C:\Users\[ユーザー名]\Virtual Machines\Windows XP Mode.vmcxを削除 or リネーム
  2. C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシンフォルダを削除 or リネーム
  3. 左下のスタートメニューのプログラムとファイルの検索に『XP Mode』などと入力して『Windows XP Mode』を選択。
  4. ダイアログが出るので『新規作成』を選ぶ。以下略
関連記事
タグ:Java Windows
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。