code up

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashDevelopでStart Remote Session

引き続きPluploadを調査中。Flashアップロードでうまくいかない部分があるのでFlashDevelopをダウンロードしてインストールした。

忘れないようにFlashファイル(swf)のデバッグ方法。

試した環境はFlashDevelop 3.3.4 RTM(Release To Manufacturing) + IE9 + Windows 7 Professional 64bit

PluploadのFlashファイルはExternalInterfaceというクラスを使っている。

そのため、普通にデバッガを起動しようとすると次のようなエラーが出る。

[Fault] exception, information=Error: Error #2067: ExternalInterface はこのコンテナで使用できません。ExternalInterface を使用するには、Internet Explorer ActiveX、Firefox、Mozilla 1.7.5 以上、または NPRuntime をサポートするブラウザーが必要です。

なので、リモートでデバッグすることになる。メニューバーからDebugStart Remote Sessionをすればいいのだが、少しだけ注意点があった。

  • Flash Playerのアーカイブからデバッグバージョンをダウンロード、インストールしておく
  • Start Remote Sessionする時は、タスクマネージャでFlashPlayerDebugger.exeが起動していないことを確認する。あったらプロセスを終了させておく

で、ブラウザでテストしたいページを表示する。http://localhost/foo/bar.htmlとか。file:は試してない。

Start Remote Sessionを予め開始してから、それがタイムアウトするまでの間(2分くらい?)にデバッグしたいswfをブラウザで表示させる。後は勝手にブラウザ上のFlash Playerがデバッガ(FlashDevelop自身)の7935番ポートにつなぎにくる。

netstat -nao | find ":7935"

JavaのデバッガはIDEがそのアプリケーションにつなぎにいくのに対して、Flashは逆にアプリケーションがIDEにつなぎにいくみたい。また、同時に複数のFlashファイルのテストはできない模様。最初にデバッガにつないだSWFファイルしかブレークポイントに引っかからなかった。

AS3:DebuggingというFlashDevelopのWikiを参考にした。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。